10Bet日本語ガイド

【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

香港カップ2018 気になる出走馬の詳細は?

 

12月に入り、今年の競馬界もいよいよ佳境になってきました。日本では有馬記念まで盛り上がりを見せていきますが、日本のお隣とも言える香港でもこの時期が一番熱いと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、香港カップの開催が間もなくに迫っているからです。

 

今年の香港カップは12月9日(日)の16時30分(日本時間:17時30分)に香港のシャティン競馬場の芝コース2000mで開催。3歳以上の馬が出走可能の国際レースで、世界各国から一流馬が香港に集まってきます。

 

もともと香港カップは創設された1988年から国際レースとして開催されていましたが、80年代と言えば、日本でもジャパンCが創設されたころで、欧州からの出走馬がほとんどないという状態を迎えていた時期。しかも日本よりもはるかに格が劣る香港のレースで欧州の一流馬が出走するわけがなく、創設当時は地元香港の馬、そして隣接するシンガポール所属馬が大半という状態でした。

 

香港カップが変わったのは94年から、この年に国際G2レースに昇格したことに加え、香港側も本格的に外国馬の招致に熱心になり、この年から12月の第2日曜日に固定されることになりました。さらに香港カップだけでなく、スプリント、マイル、そして2400mのヴァーズも創設することになり、1日に国際レースを多く行うドバイワールドカップデーやブリーダーズカップデーの様なキャンペーンを展開しました。

 

そして、日本からの遠征も増えて95年には森秀行厩舎所属のフジヤマケンザンが遠征し、香港カップを勝利。さらに98年にはミッドナイトベッドがレコード勝ちを収めるなど、日本馬にも強いレースとして知られるようになりました。翌99年から香港カップはG1レースに昇格し、距離も芝2000mに変更。これを機に国際的な地位を築いていきました。

 

数々の国際レースで苦汁をなめていた日本馬達ですが、ほぼ地元といえる香港では数多くの良績を残すことでも知られています。中でもすさまじかったのが2001年。この年の香港国際競走では日本馬は4レース中3勝、香港ヴァーズでステイゴールド、香港マイルでエイシンプレストン、そして香港カップでアグネスデジタルが勝利するという快挙を成し遂げています。

 

それ以降、日本馬にとって剛のレースで、これまでに31回の開催で5勝。近年でもエイシンヒカリ、モーリスも勝利を収めるなど、日本馬にとっては相性のいいレースです。

 

日本馬も活躍するレースだけに気になりますよね。というわけでブックメーカーのオッズを見て、有力馬を紹介していきましょう。

 

ブックメーカー10Bet

 

今年は少頭数となる香港カップ。宝塚記念でも2着に入り、出走してくれば日本馬の脅威ともなったワーザーが回避。そのため、人気の中心は日本馬になっています。その中でも人気に推されているのはサングレーザー。

 

2歳時からデイリー杯2歳Sで3着に入るなど、早くからその素質の片鱗を見せていた同馬ですが、このころは惜敗が続き、クラシック戦線にはまさかの不出走。地道に条件戦を走り続けてようやく重賞を制したのはデイリー杯から約1年後に行われたスワンS。ここで並み居る古馬勢を完封したことで一気に注目されました。その後、返す刀でマイルCS3着、マイラーズC1着など、マイル路線で好走を続けていきました。

 

そんな同馬が2000mを意識する最大のキッカケとなったのが札幌記念。オフシーズンである夏に行われる最大の重賞で、近年はG1ホースの出走も多数。今年も例外ではなく、ダービー馬マカヒキやエリザベス女王杯を制したモズカッチャンらが出走し注目を集めましたが、そんな豪華メンバーを相手にサングレーザーは快勝。距離にめどが付きました。

 

これで自信を得たのか、続いてサングレーザーが選んだのは天皇賞(秋)。国内の中距離G1の最高峰に出走しましたが、ここでも引けを取ることはなく、レイデオロを相手に2着。上がり3ハロンのタイムは33秒4といつG1を制してもおかしくないレベルにまで達してきました。

 

2000mの距離にも対応し、早い上がりも使えるというのは香港勢にはない武器。札幌競馬場の馬場にも合っているということは力の要る馬場にもフィットすることを如実に表しているだけにここはチャンスと言えるでしょう。悲願のG1制覇に向けて待ったなしです。

 

そんなサングレーザーに匹敵する人気を得ているのが、同じ日本勢のディアドラ。

 

デビューは2歳7月とかなり早めでしたが、初勝利は3戦目、オークスの時点ですでに10戦を消化するという今時珍しいくらいの叩き上げ系の馬だった同馬。そのオークスで人気薄ながら4着に食い込み、体調万全ならばどうなったかと囁かれました。

 

その言葉もあってか、3ヵ月の休み明けとなったHTB賞で3勝目を挙げ、続く紫苑Sで重賞初制覇。秋華賞への切符を掴みました。迎えた秋華賞は重馬場での激戦となりましたが、そこでも力強く差し切って見事に勝利。3連勝でG1ホースのタイトルを奪取しました。

 

それ以降停滞した感があったディアドラでしたが、春のドバイ遠征でドバイターフに出走して3着に入ると再び持ち直してクイーンS、府中牝馬Sを連勝。満を持しての香港遠征となりました。

 

ここまでの7勝中6勝が牝馬限定戦とかなりの偏りがあることは確かですが、力の要る馬場への適性はサングレーザー以上。加えてディアドラの武器となっているのが海外レースをすでに経験していること。初遠征となるサングレーザーが香港での体調管理に注意が払われる中、ディアドラは2度目ということもあって至って順調。調教師の話では「キャリア史上最高の状態」と自信を持つほど。これなら力をフルに出し切れると言っても過言ではないでしょう。

 

地元勢期待の星は昨年のこのレースの勝ち馬であるタイムワープですが、香港カップ勝利後の成績が[2・0・0・5]とイマイチ。ササレディースパース→ジョッキークラブCという臨戦は昨年と同じですが、2着→2着と推移して本番を迎えた昨年と比べると今年はササレディースパース1着→ジョッキークラブC9着とやや負け過ぎの感も。それだけにどこまで本番にアジャストしていくかが焦点となります。

 

香港カップは12月9日(日)の16時30分(日本時間:17時30分)に発走予定。国際的な名馬が決まる一戦だけにぜひ馬券を買ってみたいですね!


【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

関連ページ

有馬記念2017
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
ペガサスワールドカップ2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
1000ギニー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
2000ギニー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
プリークネスS2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
愛2000ギニー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
英ダービー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
クイーンアンS2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。
愛ダービー2018
10betの日本語登録ガイド最新マニュアルです。当サイトではブックメーカー10betのサッカーやテニス、野球のオッズの見方や賭け方などわかりやすく解説しています。