10bet Japan日本語ガイド最新版!!無料で1000円貰えるキャンペーン!!

【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦「クリストファー・ディアスvs伊藤雅雪」

 

WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦「クリストファー・ディアスvs伊藤雅雪」が7月29日にアメリカのフロリダ州キシミー・シビック・センターにて行われます。

 

元々WBO世界スーパーフェザー級のチャンピオンには、現役最強ボクサーとして名高いウクライナのロマチェンコが君臨していました。

 

そのロマチェンコが階級を上げてWBAライト級のタイトルマッチで勝利し王座に就いた為、WBO世界スーパーフェザー級王座を返上。

 

空位となったWBO世界スーパーフェザー級王座を賭けて、同級1位のクリストファー・ディアスと2位の伊藤雅雪が激突します。

 

伊藤選手が日本人ボクサーの節目となる10人目のスーパーフェザー級の世界王者となるのか?注目が集まります。

 

ではこの試合の勝敗オッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

クリストファー・ディアス勝利 1.20倍、引き分け 26.00倍、伊藤雅雪勝利 4.33倍、

 

ブックメーカー10bet

クリストファー・ディアス勝利 1.20倍、伊藤雅雪勝利 4.15倍、

 

ブックメーカーnetbet

クリストファー・ディアス勝利 1.20倍、伊藤雅雪勝利 4.15倍、

 

現在のオッズを見ると、1倍台のオッズを付けて圧倒的にディアス選手が優勢となっています。

 

ディアス選手はプエルトリコ出身の23歳と若く、近い将来プエルトリコを背負って立つボクサーとして期待されている選手です。

 

戦績も23戦23勝無敗15KO勝利と素晴らしいものがありますし、現在4連続KO勝利中と今がキャリアで最高の出来だと感じます。

 

もしかすると今回のタイトルマッチが歴史的ボクサー誕生の始まりかも知れません。

 

一方の伊藤選手も素晴らしいボクサーであり、戦績は25戦23勝1敗1引き分け12KO勝利と実績ではディアス選手と遜色ありません。

 

しかしディアス選手と比べるとスピードと技術面では互角と見ていますけど、パワーでは明らかに伊藤選手が劣っています。

 

ディアス選手は試合序盤から積極的に前に出てくるボクサーなので、その圧力に伊藤選手が屈しないか心配ではあります。

 

ただディアス選手は9ラウンド以降まで戦った試合経験が1度もありませんから、スタミナに不安を抱えていることは間違いありませんので、終盤まで縺れる試合展開になれば伊藤選手にも勝機は出て来るものと見ています。

 

下馬評では劣性となっている伊藤選手ですけど、是非ともこの試合に勝利し日本人ボクサーの10人目となるスーパーフェザー級世界王者のタイトルを掴んでもらいたいと思います。


【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<